睡眠時無呼吸症候群による不調

睡眠時無呼吸症候群による不調

「朝起きた早々に頭が痛むし、終始このまま横になっていたい気分。朝がこんな調子だと当然日中もドヨーンと暗く重たい状態で過ごさなくてはなりません。

睡眠中に脂肪などで気道が塞がり空気の行き来を妨げる事で起こる睡眠時無呼吸症候群ですが、自分がそうであると自覚の有る方はとても少額のが事実です。口を開けていびきをかいていたら口も乾燥しますし、そもそも熟睡できないのだから爽やかな目覚めなんて有り得ません。

ひどい方になると眠った方が起きているよりも疲れてしまうと言う風に感じてしまいます。しかも口が乾燥してカラカラで不快、身体もだるいし重量が掛かるし真に自分は眠っていたのか…?」この様な寝起きの症状は睡眠時無呼吸症候群の可能性大です。

もしかすると睡眠時無呼吸症候群の方はもそ凄く損をしているのかもしれません。自分は朝が病弱んだ、これは気持ちの問題だと朝の不調を片付けてしまうのではなく、一度病院を受診してみて下さい。

朝が爽快だと1日中元気で気分良く過ごせるものです。全然そのままに放って煩悶と言う事はせず、自信の睡眠状態を見直しましょう。

CPAPなどとても有効な治療法がありますのできっとあなた様にとっていい結果となるのではないでしょうか?そうなれば朝の状態も劇的に改善されて、1日中意欲的に元気に過ごす事が出来ます。損どころか様々な病気の危険にさらされています。

ですが、朝起きた時の状態でそれを知ることが出来ます。朝が虚弱、寝起きが不出来なと言う方は多くいらっしゃいますが、その中でも睡眠時無呼吸症候群による不調と言う方はとても莫大と思います。